切らずに豊胸|進歩した医学で自然な胸を作り出す

女の人

乳房の形を取り戻す手術

医者

乳がんの治療は、乳房内にあるがん細胞の塊を、手術で摘出するという方法でおこなわれています。したがってがん細胞の塊が大きければ大きいほど切り取る範囲が広くなり、乳房の形が影響を受けることになります。塊が大きく、なおかつ周辺組織などへの転移が認められた場合には、乳房全体が切除されることもあります。しかし現在では、乳がんの手術後に、乳房の美しい形を取り戻すことが可能となっています。具体的には、乳房再建という整形手術を受けることで、乳房を再び膨らませることができるのです。部分的にくぼんだような状態になった乳房はもちろん、全体的に失われている場合も、違和感のない膨らみを持たせることができます。そのため乳房再建は、乳がんと戦っている多くの女性から、注目されています。

乳房再建には、大きく分けて二種類の方法があります。まずは専用の袋を挿入し、そこにシリコンジェルを注入していくという方法です。注入するシリコンジェルの量によって、乳房の膨らみを調節できる点が特徴です。また、シリコンジェルの粘度の高さによって、柔らかさも調節することが可能となっています。そしてもうひとつの乳房再建方法が、患者自身の脂肪を注入するというものです。具体的にはお腹や太ももなどの脂肪を採取し、そこから不純物を取り除いた上で、乳房に注入していくのです。採取のための別の手術が必要となりますが、自身の脂肪なので注入後の拒絶反応が起こりにくく、本物の乳房と変わらない柔らかさになります。このように、どちらの乳房再建方法にもメリットがあり、それぞれに人気があるのです。